用語解説


>> P.267

スピーカープリンタUSBIEEE1394モニタビデオカメラマウスキーボードハードディスクスキャナPC今回は、最近のパソコンで普及してきた「USB」(ユーエスビー:UNIVERSALSERIALBUSの略)と「IEEE1394」(アイトリプルイーイチサンキューヨン)について解説します。「USB」も「IEEE1394」もパソコン本体と周辺機器を接続する高速シリアル通信メディアの規格です。「USB」の転送速度は、1.5MBPS,12MBPSが規格化されており、キーボードやマウス、モデムといった機器との接続に使われています。低価格と使いやすさが前面に打ち出されている方式です。さらに、今後、より高速化を目指した開発が進んでいくようです。「IEEE1394」は、最大で63台の機器をデイジーチェーン接続またはツリー接続することができ、転送速度は100MBPS,200MBPS,400MBPSが規格化されています。当初、APPLE社主導で開発が進んでいた時期があり、そのなごりでFIREWIRE(ファイヤワイヤ)と呼ばれることもあります。「IEEE1394」は、その高速性のため、ハードディスクドライブや、デジタルビデオカメラの外部出力端子(「DV端子」と呼称している)等、大容量データを扱う機器の接続に使用されています。転送速度が高速である一方、ハード/ソフトのオーバーヘッドがあるため、対象となるデータの量に応じて「USB」との使い分けがされています。また、「IEEE1394」は、コンピュータと周辺機器を接続する規格として利用されている他に、家電を相互接続する家庭内LANに利用する動きや産業用途での検討も進んでいます。「USB」がパソコン主体の規格であるのに対し、「IEEE1394」は、いろいろな分野に用途が広がっていく可能性があります。パソコン本体と周辺装置の接続と言えば、プリンタ用のパラレルポート、RS232C、ハードディスク用のSCSI(スカジーと読む。)でしたが、パソコン本体の高速と共に接続も高速な「USB」と「IEEE1394」が普及していくものと思われます。(2000年12月号)USBとIEEE1394図1パソコンと周辺機器の接続267


<< | < | >>