用語解説


>> P.165

表代表的介在物一例1の介在物種類化学組成(%)他ー―ー―ーーSIOALOMNOMNCACAOZROZROCROCROTIOTIO2232222222そのアルミネトシリケトシリケトスペシャルシリケト152060701015304015203050405010103050204051020506010202030102030603040520302030∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼∼溶接継手部の断面マクロ組織を見る機会の多い人の中には、いままでに一度ぐらい、写真1に示すように母材部に線状の模様の入った試験片に出合った経験の持主もいるのではないでしょうか。このように、鋼板の圧延方向に平行に薄く層状に存在する鋼板の内部欠陥のことを“ラミネーション(LAMINATION)”といいます。ラミネーションは、製鋼時に発生したパイプや混入したゴミ(脱酸生成物あるいは微細な耐火材など)に起因したものが多く、これらの混入物が圧延によって薄く層状に引きのばされたために、写真1のように線状模様として見えているものです。そのために、通常欠陥内部には酸化物や硫化物などの非金属介在物を含有しています。内在する非金属介在物の一例を表1に示しますが、ラミネーションにおいては、特にマンガンシリケート系酸化物や硫化物(MNSなど)などの延伸性のある非金属介在物の存在が大きな影響を与えます。ラミネーションは形態的に、圧延方向に平行に存在しているために鋼板表面からこれを見い出すことは困難ですが、近年の非破壊検査法の進歩により、例えば超音波探傷法(UT)などを使用すれば、十分にその存在を知ることが可能です。次に、ラミネーションが溶接構造物に及ぼす影響について述べたいと思います。一般に圧延鋼板においては、板厚方向の強度は圧延方向および圧延と直角方向の強度に比較して低いという異方性を持つ傾向があります。前記のように、ラミネーションは鋼板を板厚方向に不連続にするような欠陥であるために、この異方性の傾向はさらに助長されることになり、図1に示すようなT形や十字形継手を多用する溶接構造物においては、ラミネーションの存在によって、思わぬ低強度で破壊が生じる危険性があります。また、厚板の継手のように、圧延鋼板の板厚方向に大きな拘束を受ける場合には、図2に示すようなラメラティア(層状はく離割れ)発生の一因ともなります。さらに、ラミネーションの存在は鋼板の疲労強度にも大きな影響を与え、欠陥が大きい場合には、健全な材料と比較して疲労寿命が百分の一以下となるような例もあります。以上のように、ラミネーションは構造物において極めて有害な影響を与える欠陥と考えられますので、鋼板の選定にあたっては、前述の超音波探傷法などを用いて、十分な調査を行っておくことが必要でしょう。(1982年6月号)ラミネーション写真1165


<< | < | > | >>