用語解説


>> P.87

凹状のひずみ表取方法1ひずみりひずみりピニングロラジャッキ取法機械的方法加熱法ー法(動的)鎚打法(動的)ー法、圧法(静的)加熱冷却法加熱加圧法溶接ひずみは製品の仕上がり精度のみならず、外観を著しくそこねたり、場合によっては所定の強度を失うこともあるので、これを除去することは溶接構造部材として重要です。ひずみ取りには表1に示す方法がありますが、ここでは加熱法の一つである線状加熱、点状加熱(お灸)について説明します。図1、図2にその模式図を示しますが、いずれもガスバーナで加熱した部分にホースの水などをかけ急冷することによりひずみを取ります。点状加熱を俗にお灸というのはその様子がお灸に似ているからです。一般に線状加熱は比較的厚板の角変形を除去するものであり、点状加熱は比較的薄板の平面内に生じた座屈変形の除去をねらうものです。ひずみ取りは加熱による材料の膨張と強度の低下を利用したものです。図3に線状加熱の原理を示します。角変形の凸部をできるだけ局部的に急熱すれば、部材は温度上昇に応じて膨張しようとします。しかし加熱部は周囲の冷たい部分との強度差のため拘束され、自由な膨張が許されず、一部が圧縮塑性変形します。そこで加熱部に水をかけるなどして急冷すると元の寸法以上にまで収縮させようとする力が働き、その結果として部材は変形し、角変形を除去することができます。点状加熱の原理もほぼ同様に考えられます。従って加熱する位置、面積、温度、速度および冷却速度などにより部材の収縮量は変わるので、これらの条件を誤るとかえってひずみを大きくしてしまうことがあります。また加熱温度を上げすぎたり、冷却速度が速すぎると材料が劣化することがあるので、材料に応じた加熱、冷却が必要です。このようにひずみ取り作業は熟練や多大な工数が必要であり、また材料劣化の恐れもあるので、あくまでも手直し作業であることを認識し、できるだけ溶接ひずみの発生しにくい施工法を用いることが大切です。(1986年2月号)線状加熱と点状加熱(お灸)87


<< | < | > | >>