用語解説


>> P.12

02004006008001000120014001600(N/MM2)表高合金()成分一例(単位:%)1NICRFEインコネルのの――種類―――――NICRFEMOCSIMNALTINBCUアロイアロイアロイ60076.015.58.00.080.250.50.2562561.021.52.59.00.050.250.250.20.23.6571852.519.018.53.10.040.180.180.50.95.130.15高NI―CR―FE合金はインコネルとして知られており、アロイ600,アロイ625,アロイ718などがあります。表1に高NI―CR―FE合金の成分の一例を示します。高NI―CR―FE合金は、CRを含有することにより酸化性環境では純NI(ニッケル200)よりも優れた耐食性を示し、さらにNIの含有量が高いことにより、還元性環境においても良好な耐食性を示します。特にアロイ625は広範囲の腐食環境に対し良好な耐食性を示し、淡水、海水、中性塩類、アルカリ類にはほとんど腐食されず、塩素イオンに起因する応力腐食割れも生じません。図1に示すように、高NI―CR―FE合金は、表面に生じる酸化皮膜が、加熱―冷却の繰返しに対して安定で、ステンレス鋼などに比べて格段に重量変化が少なく、耐酸化性に優れています。また図2に示すように、高NI―CR―FE合金は軟鋼・ステンレス鋼に比べ、高温でも機械的性能に優れています。高NI―CR―FE合金は、その強化方法によって2種類に大別されます。A.固容体強化型(600番台)NIのオーステナイト素地をCR,MO,W,NBなどで固溶強化したもので、アロイ600、アロイ625などがあります。熱処理炉・加熱炉用部品、航空機用エンジン部品、化学・原子力装置部品などに使用されます。B.析出強化型(700番台)AL:TIを添加しNI3ALなどを析出させて合金を強化したもので、アロイ718などがあります。ジェットエンジン、ディーゼル・ガソリンエンジン排気バルブ、宇宙船、原子炉部品などに使用されます。高NI―CR―FE合金は、ステンレス鋼に比べ、溶接部の高温割れ感受性の高いことが知られています。このため、施工に際しては、できるかぎり入熱を低く抑え、余熱・バス間温度を低くすることが必要です。比較的溶接性の良いアロイ600、アロイ625には被覆アーク溶接、TIG溶接、MIG溶接、サブマージアーク溶接、電子ビーム溶接などの各種溶接方法が適用されているのに対し、溶接性が悪くHAZにミクロ割れを生じやすいアロイ718には、TIG溶接、電子ビーム溶接などが主に適用されています。(1987年11月号)インコネル1212


<< | < | > | >>