技術レポート

神戸製鋼所溶接事業部門発行の技術誌「技術がいど」。この中の「技術レポート」コーナーを2005年1月号からこれまでをまとめた電子カタログです。


>> P.361

技術レポート[VOL.502010-11]-1-NI基合金フラックス入りワイヤDW-N82,DW-N625,DW-NC276について川本裕晃(株)神戸製鋼所溶接事業部門開発部溶接開発室1.はじめにNI基合金は、その優れた性質から高温での高強度を有する耐熱超合金として、また高耐食合金として、通常のステンレス鋼では使用に耐えない環境で適用されている。近年では、プラントの高効率操業や、環境意識の高まりによる排ガス規制の観点から各種化学装置は、より高温高圧かつ高腐食環境での操業が要求されており、NI基合金の需要は増加傾向にある。従来、神戸製鋼ではこれらNI基合金用の溶接材料として、インコネル82系とインコネル625系について被覆アーク溶接棒、MIG溶接ソリッドワイヤ、TIG溶接材料を主に生産してきた。フラックス入りワイヤに関しては該当する規格がなく、これまでフラックス入りワイヤは汎用的に使用されてこなかった。しかし、2007年にAWSA5.34【SPECIFICATIONFORNICKEL-ALLOYELECTRODESFORFLUXCOREDARCWELDING】が新規制定されたことで、この分野においてもフラックス入りワイヤの適用増加が大きく期待される。そこで、今回新たにAWSA5.34規格合致タイプのDW-N82,DW-N625、およびDW-NC276を開発したので以下に説明紹介する。2.NI基合金の種類と特徴NI基合金は耐熱および耐食材料として使用される。アメリカではガスタービンに適用され、主に耐熱材料として使用されており、一方、日本では各種化学装置(無機化学、有機化学、石油精製等)や高温装置(エチレンプラント、水素製造プラントの加熱管等)等耐食材料としての用途が多い。表1に主な用途例を示す。表1NI基合金の用途例合金工業炉マッフル、レトルト、トレイメッシュベルト、バスケット化学工業熱交換品、配管、触媒サポートメッシュ、アスベスト補強メッシュ原子力加圧水型原子炉蒸発管、シュラウドサポート航空機ガスタービンシール、ボイスレコーダーテープ電子工業電子銃スパイダー、放電管グリッド、バネ、スパークプラグ工業炉マッフル、レトルト、トレイメッシュベルト、バスケット化学工業酸洗設備、熱交換品、酸製造装置、石油改質器原子力蒸気管、バッフル、チューブシート、廃棄物ガラス固化装置海洋・船舶プロペラブレード・シャフト、海底ケーブルローラー、ボルト、ナット天然ガスプラント油井管・配管(クラッド管)、スリーブ、ベローズ、溶接材料航空機ガスタービンダクト・エキゾースト部品、ハニカム型ハウジング原子力核融合装置真空容器、廃棄物処理蒸発器・ドライヤー、ベローズ、エルボ、フランジ溶接材料化学工業公害防止機器ダクト・排気ファン、デミスター、プレート型熱交換器、電気メッキロール、溶接材料化学工業石油化学(塩化ビニール、アセトアルデヒド、酢酸、ポリプロピレン、アルキルベンゼン、アセトン、アセテート、テレフタル酸、キシレン等)関係の塔、槽、熱交換器、配管類、ヨード製造装置、その他化学薬品関係天然ガスプラント油井管、スリーブ、フランジ、バルブその他電気めっきロール、酸洗装置(塩酸系)、公害防止機器関係、排煙脱硫装置用ブロア、塩素ガスドライヤー、SO2ガスブロワー航空機ガスタービンタービンディスク、ローターシャフト、ケイシング、ボルト化学工業支持格子スペーサー、ベローズ、バネ天然ガスプラント緊急遮断バルブ部品、チューブハンガー産業機器,自動車耐熱ボルト、バネ、コンプレッサーディスク、耐熱金型、ホットシアーブレードインコネル718インコネル690インコネル600インコネル625ハステロイC-276用途


<< | < | > | >>